不景気.com > 国内倒産 > 兵庫の100円ショップ運営「ジャストワン」が破産決定受け倒産

兵庫の100円ショップ運営「ジャストワン」が破産決定受け倒産

兵庫の100円ショップ運営「ジャストワン」が破産決定受け倒産

信用調査会社の帝国データバンクによると、兵庫県尼崎市に本拠を置く100円ショップ運営の「ジャストワン」は、2月7日付で神戸地方裁判所尼崎支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1994年に創業の同社は、尼崎市・大阪市・守口市などで100円ショップ「100きんランド」を運営するほか、ゲームセンター・アミューズメント施設や、塩の効果による癒し空間「ソルトスタジオ」の運営など積極的に事業の多角化を進めていました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みで売上が減少すると、多額の借入金が資金繰りを逼迫。今年1月には決済難から債権者に破産を申し立てられ、遂に今回の措置となったようです。

同信用調査会社によると、負債総額は62億円の見通し。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事