不景気.com > 海外倒産 > 米書籍販売大手「ボーダーズ」が破産法申請し倒産、負債1000億

米書籍販売大手「ボーダーズ」が破産法申請し倒産、負債1000億

米書籍販売大手「ボーダーズ」が破産法申請し倒産、負債1000億

アメリカ・ミシガン州に本拠を置く書籍販売大手の「ボーダーズ・グループ」は、2月16日付でニューヨーク州南部の連邦破産裁判所へ破産法第11章の適用を申請し倒産したことが明らかになりました。

1971年に設立の同社は、大手書籍販売チェーンとして全米各地に約650店舗を構えるほか、イギリスやオーストラリア・シンガポールなどにも進出し、ニューヨーク証券取引所に上場を果たすなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷に伴う消費の落ち込みに加え、インターネットの普及による活字離れの影響で売上が減少すると、競争の激化も重なり業績は悪化。資金繰りに行き詰まったことで、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

裁判所提出資料によると、負債総額は約12億9300万ドル(約1080億円)。今後は裁判所監理の下で経営再建を目指す見通し。

Borders Group Files for Reorganization Relief Under Chapter 11

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事