不景気.com > 国内リストラ > 横河電機の早期退職に管理職134名が応募、組合員にも拡大

横河電機の早期退職に管理職134名が応募、組合員にも拡大

横河電機の早期退職に管理職134名が応募、組合員にも拡大

東証1部上場の工業機器メーカー「横河電機」は、2010年10月26日付で公表していた管理職向け「拡大セカンドライフ支援制度」に134名が応募したことを明らかにしました。

対象となったのは40歳以上58歳以下の「横河電機」「横河フィールドエンジニアリングサービス」「横河メータ&インスツルメンツ」「横河マニュファクチャリング」の管理職で、退職日は2010年12月末日および2011年1月末日。

また、今後は組合員向けにも同様の募集を行う予定で、募集人員は定めず広く応募を募る見通し。なお、退職者には支援金の増額に加え、希望者には再就職支援を実施する方針。

今回の対策費用として25億円の特別損失をすでに計上しているものの、管理職向け募集に伴う費用として24億円の特別損失を計上するため、通期業績に与える影響の精査は組合員の応募者数が判明次第明らかにするとのこと。

拡大セカンドライフ支援制度募集の進捗状況について

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事