不景気.com > 海外倒産 > 2010年の米個人破産は前年比9%増の153万件、法改正以降最多

2010年の米個人破産は前年比9%増の153万件、法改正以降最多

2010年の米個人破産は前年比9%増の153万件、法改正以降最多

アメリカの破産協会「American Bankruptcy Institute」によると、2010年に同国内で申請された個人破産件数は、前年に比べ9%増となる153万78件だったことが明らかになりました。

債務削減を目的とする安易な個人破産申請を抑制するため、2005年に破産法の改正を実施すると、翌年の申請件数は約4分の1程度まで大幅な減少を記録。しかし、景気低迷による収入の落ち込みやローン支出の高止まりなどから再び増加に転じると、2010年は法改正以降で最多の申請件数となりました。

同協会によると、2011年も個人破産の申請件数は増加する見通しとのこと。

ABI | Consumer Bankruptcy Filings Increase 9 Percent in 2010

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事