不景気.com > 国内倒産 > サッシ製造の「テクノ・ナミケン」が破産決定受け倒産、負債30億

サッシ製造の「テクノ・ナミケン」が破産決定受け倒産、負債30億

サッシ製造の「テクノ・ナミケン」が破産決定受け倒産、負債30億

大阪市西区に本拠を置く金属建具メーカー「テクノ・ナミケン」は、1月19日付で大阪地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1925年に「浪速建材工業」として設立の同社は、アルミサッシやスチールサッシのほか玄関ドア・カーテンウォールなど金属建具の製造を主力に事業を展開。また、東証1部上場の「昭和電工」から出資を受けるなど結びつきが強く、同社から建具部門の営業譲渡を受け規模を拡大していました。

しかし、景気低迷に伴う建築需要の落ち込みで受注が大幅に減少すると、取引先からの回収遅延も発生し資金繰りが悪化。決済難から事業継続を断念し、やむなく今回の措置となったようです。

信用調査会社などによると、負債総額は30億円を超える見通しで、子会社の建具工事「ナミテック工業」も同様の措置がとられています。

テクノ・ナミケン~破産手続開始決定(東京経済) - livedoor ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事