不景気.com > 赤字決算 > ルネサスの第3四半期は純損益588億円の赤字、特損計上響く

ルネサスの第3四半期は純損益588億円の赤字、特損計上響く

ルネサスの第3四半期は純損益588億円の赤字、特損計上響く

東証1部上場の半導体大手「ルネサスエレクトロニクス」は、2011年3月期第3四半期(累計)の決算短信を発表し、四半期純損益が588億1900万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2011年3月期第3四半期(累計)連結業績:ルネサスエレクトロニクス

売上高 営業損益 純損益
11年3月期(3Q) 8626億3300万円 41億3700万円 △588億1900万円
10年3月期(3Q) 3392億1800万円 △462億3900万円 △540億7300万円
通期予想 1兆1500億円 70億円 △800億円

自動車の販売支援策終了や家電エコポイント制度の変更に伴い、10-12月期は同製品向け半導体などが軟調に推移したものの、累計期間では売上増や固定費削減により営業黒字を達成。

しかし、固定資産の減損処理で356億円、事業構造改善費用として171億円の特別損失をそれぞれ計上したことから、純損益では588億円の大幅赤字となりました。

平成23年3月期第3四半期決算概要 | ルネサス エレクトロニクス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事