不景気.com > 赤字決算 > NECの第3四半期は純損益535億円の赤字、IT部門が振るわず

NECの第3四半期は純損益535億円の赤字、IT部門が振るわず

NECの第3四半期は純損益535億円の赤字、IT部門が振るわず

電機大手の「NEC」は、2011年3月期第3四半期(累計)決算短信を発表し、四半期純損益が535億7300万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2011年3月期第3四半期(累計)決算短信:NEC

売上高 営業損益 純損益
11年3月期(3Q) 2兆1898億8400万円 △123億9400万円 △535億7300万円
10年3月期(3Q) 2兆4790億5200万円 △452億3100万円 △532億300万円
通期予想 3兆3000億円 1000億円 150億円

不採算となっていた半導体子会社「NECエレクトロニクス」が連結から外れたことで収益改善に寄与したものの、国内のIT投資が依然として低調に推移していることからITサービス事業を中心に減収を記録したため、純損益では前年同期をさらに下回る大幅赤字となりました。

平成22年度(第173期) 第3四半期および直近3ヵ月連結決算概要 | NEC

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事