不景気.com > 国内倒産 > 京都のスーパー経営「北野」が自己破産申請し倒産へ

京都のスーパー経営「北野」が自己破産申請し倒産へ

京都のスーパー経営「北野」が自己破産申請し倒産へ

京都市西京区に本拠を置くスーパーマーケット経営の「北野」は、1月17日付で事業を停止し、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1955年に青果店として創業すると、1974年にはスーパーマーケット業への進出を機に「北野産業」を設立。1988年に現商号へ改称し、直近では京都市内にて「桂店」「パレス店」など4店舗のスーパーマーケットを経営していました。

しかし、景気低迷による消費の落ち込みに加え、同業他社との競争激化で収益も悪化。店舗閉鎖などのコスト削減を進めたものの業績回復には足らず、事業継続を断念し今回の措置となったようです。

信用調査会社の東京経済によると、負債総額は約22億円の見通し。

北野~破産手続開始申立準備 大型倒産情報:niftyビジネス

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事