不景気.com > 国内倒産 > 佐賀の「唐津ゴルフ倶楽部」が民事再生法を申請、負債56億

佐賀の「唐津ゴルフ倶楽部」が民事再生法を申請、負債56億

佐賀の「唐津ゴルフ倶楽部」が民事再生法を申請、負債56億

佐賀県唐津市に本拠を置くゴルフ場経営の「唐津ゴルフ倶楽部」は、1月14日付で佐賀地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1937年に9ホールコースとして開業の同ゴルフ場は、1946年から3年間の米軍接収の後、地元資本により営業を再開。1988年に新会社へ経営が継承されると、1991年には18ホールへの増設を行い、以後も歴史を感じさせるコースや市街を見下ろす眺望などが高い人気を得ていました。

しかし、ゴルフ人気の一巡や景気低迷による利用者の減少、さらには競争激化も加わり業績が落ち込むと、預託金の返還請求により資金繰りが悪化。自力での再建は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

信用調査会社などによると、負債総額は約56億3400万円の見通し。

唐津ゴルフ倶楽部が民事再生法申請:佐賀新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事