不景気.com > 国内倒産 > 長崎の飼料卸「金子商事」に特別清算の開始決定、負債43億

長崎の飼料卸「金子商事」に特別清算の開始決定、負債43億

長崎の飼料卸「金子商事」に特別清算の開始決定、負債43億

長崎県島原市に本拠を置く飼料卸の「金子商事」は、1月17日付で長崎地方裁判所より特別清算の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1968年に設立の同社は、大手飼料メーカーの特約店として島原半島の養鶏場・養豚場を中心に飼料の卸売を展開し、当地同業者のなかでは有数の事業規模を誇っていました。

しかし、積極的な事業拡大が裏目に出ると、資金の焦げ付きから業績が悪化。関連会社の清算に伴う損失の発生もあり、2010年9月に解散を決議し今回の措置となったようです。

信用調査会社の東京経済によると、負債総額は約43億円の見通し。なお、別会社が事業を承継し営業を続けています。

(株)金子商事~特別清算手続開始決定(東京経済) - livedoor ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事