不景気.com > 国内倒産 > 福島の建設業「トリアス」が民事再生法を申請、負債34億

福島の建設業「トリアス」が民事再生法を申請、負債34億

福島の建設業「トリアス」が民事再生法を申請、負債34億

福島県田村市に本拠を置く建設業の「トリアス」は、12月14日付で福島地方裁判所郡山支部へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1914年創業の「蒲生工業」と1922年創業の「秋田組」が2006年に合併し誕生した「秋田蒲生工業」を前身とする同社は、1954年創業の「酒井建設工業」と2008年に合併し「トリアス」を発足。以後は主力の土木・建築に加え、農業分野への進出を果たすなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による建設需要の落ち込みから受注減や価格競争に晒され業績が悪化すると、借入金が資金繰りを逼迫し、自力での再建を諦め今回の措置に至ったようです。

信用調査会社の東京経済によると、2010年5月期時点の負債総額は約34億円の見通し。

(株)トリアス~民事再生手続開始申立 大型倒産情報:niftyビジネス

関連記事

「国内倒産」最新記事

最新記事

アクセスランキング

注目記事