不景気.com > 買収合併 > スティール・パートナーズが天龍製鋸の株式も売却、日本撤退加速

スティール・パートナーズが天龍製鋸の株式も売却、日本撤退加速

スティール・パートナーズが天龍製鋸の株式も売却、日本撤退加速

アメリカの投資ファンド「スティール・パートナーズ」は、ジャスダック上場のノコギリ・刃物類製造「天龍製鋸」の保有株式を売却していたことが明らかになりました。

12月21日付でスティール社が関東財務局に提出した「大量保有報告書」によると、同14日付で保有していた株式10.67%の全株を売却し、筆頭株主から異動したとのこと。

スティール社は、先日にもビール大手「サッポロ・ホールディングス」の保有株売却が明らかになったばかりで、今後も日本からの投資撤退を加速させるものと思われます。

主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせ:天龍製鋸

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事