不景気.com > 国内倒産 > 札幌の医療法人「鶴癒会新川病院」が民事再生法を申請

札幌の医療法人「鶴癒会新川病院」が民事再生法を申請

札幌の医療法人「鶴癒会新川病院」が民事再生法を申請

北海道札幌市に本拠を置く医療法人社団の「鶴癒会新川病院」は、12月14日付で札幌地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1961年に創業の同法人は、札幌市内で「新川病院」を経営。産婦人科を中心とするほか内科・循環器科・小児科にも診療範囲を広げていました。

しかし、近年は業績が悪化していたことに加え、7月には産婦人科医の退職により産婦人科の一時休診に追い込まれたことで資金繰りが逼迫。自力での再建は困難と判断し、今回の措置に至ったようです。

北海道新聞(電子版)によると負債総額は約8億5000万円で、今後は診療を続けながら他医療法人の支援の下で経営再建を目指す見通し。

札幌の新川病院 民事再生法申請-北海道新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事