不景気.com > 国内倒産 > 「能登島ゴルフアンドカントリークラブ」が民事再生法を申請

「能登島ゴルフアンドカントリークラブ」が民事再生法を申請

「能登島ゴルフアンドカントリークラブ」が民事再生法を申請

石川県七尾市に本拠を置くゴルフ場経営の「能登島リゾート開発」は、12月21日付で金沢地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1987年に設立の同社は、1989年に「能登島ゴルフアンドカントリークラブ」をオープン。全18ホールの丘陵コースで、池を効果的に配した戦略的コースが人気を得ていました。

しかし、バブル崩壊やゴルフブームの一巡で客足が落ち込むと、近年は景気低迷による消費減速も伴い売上は悪化。預託金の返還請求が資金繰りを逼迫し、自力での再建を断念したようです。

今後は営業を続けながら経営再建を目指す予定で、信用調査会社などによると負債総額は約54億円の見通し。

ゴルフ場運営の能登島リゾートが再生法申請 - MSN産経ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事