不景気.com > 国内倒産 > 不動産売買の「キクエイ都市開発」が破産開始決定受け倒産

不動産売買の「キクエイ都市開発」が破産開始決定受け倒産

不動産売買の「キクエイ都市開発」が破産開始決定受け倒産

東京都豊島区に本拠を置いていた不動産売買の「キクエイ都市開発」は、11月26日付で静岡地方裁判所沼津支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

信用調査会社の帝国データバンクによると、同社は1969年の設立。不動産バブルの気運に乗り積極的な土地開発を進め、東京・池袋周辺を得意エリアに業績を伸張させていました。

しかし、バブル崩壊で保有資産の価値が落ち込むと、不良在庫を抱え込み資金繰りが悪化。2000年以降は事業も休止状態となり、今年4月には解散を決議し、遂に今回の措置となったようです。

同信用調査会社によると、負債総額は約63億円の見通し。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事