不景気.com > 国内リストラ > 日本航空が年末にパイロットなど200名の整理解雇を実施

日本航空が年末にパイロットなど200名の整理解雇を実施

日本航空が年末にパイロットなど200名の整理解雇を実施

経営再建中の「日本航空」(JAL)は、12月31日付でパイロットおよび客室乗務員を対象とする200名の整理解雇に踏み切ることを明らかにしました。

解雇対象となる人員の内訳は、パイロット90名・客室乗務員70名・休職者40名の合計200名。当初は250名の整理解雇を予定していたものの、追加の希望退職者募集に50名が応募したことから対象者を縮減しての実施となるようです。

なお、今後も追加の希望退職者募集を続ける見通しで、解雇対象者を少なくするよう努めるとのこと。

会社更生手続により大幅な人員削減を求められている同社は、これまでにも三度に渡り希望退職者の募集を実施したものの、乗務員を中心に応募者数が計画に満たず、やむなく今回の決定に至ったようです。

日航 200人を整理解雇 - MSN産経ニュース
JAL、約200人の整理解雇を正式発表 : 読売新聞

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事