不景気.com > 国内倒産 > 福井の眼鏡フレーム製造「長谷川眼鏡」が自己破産申請し倒産へ

福井の眼鏡フレーム製造「長谷川眼鏡」が自己破産申請し倒産へ

福井の眼鏡フレーム製造「長谷川眼鏡」が自己破産申請し倒産へ

福井県鯖江市に本拠を置くメガネフレーム製造の「長谷川眼鏡」は、12月18日付で事業を停止し、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1955年に「長谷川眼鏡製作所」として創業の同社は、チタンや超弾性樹脂による高級・高品質なフレーム製造を主力に事業を展開し、同県内で最大手の一角に数えられるまでに業績を伸長させていました。

しかし、1990年代に進出した飲料水事業などで多額の負債を抱えたほか、本業でも安値な海外製品との競合で業績が悪化。これ以上の事業継続は困難と判断し、やむなく今回の措置に至ったようです。

信用調査会社などによると、負債総額は約24億円の見通し。

長谷川眼鏡が破産申請準備 負債総額24億円:福井新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事