不景気.com > 国内リストラ > 岐阜銀行が38店舗を閉鎖、十六銀行との合併による統廃合で

岐阜銀行が38店舗を閉鎖、十六銀行との合併による統廃合で

岐阜銀行が38店舗を閉鎖、十六銀行との合併による統廃合で

名証1部上場の「岐阜銀行」は、2012年9月をめどに全店舗の約8割に相当する38店舗を閉鎖すると発表しました。

これは、「十六銀行」との合併に伴う店舗統廃合の一環として実施されるもので、対象となるのは岐阜県内の31店舗、愛知県内の6店舗、三重県の1店舗となっています。

経営が悪化していた「岐阜銀行」は、「十六銀行」および「東京三菱UFJ銀行」の支援により120億円の公的資金を完済。12月22日付で「十六銀行」の子会社となり、2012年9月の合併へ向け更なる経営支援を受けながら経営の効率化を進めていくようです。

店舗統合の概要:岐阜銀行

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事