不景気.com > 国内リストラ > ドリームバイザーがFX・CFD取引業務から撤退、取扱高減少で

ドリームバイザーがFX・CFD取引業務から撤退、取扱高減少で

ドリームバイザーがFX・CFD取引業務から撤退、取扱高減少で

東証マザーズ上場の「ドリームバイザー・ホールディングス」は、金融子会社「ドリームバイザー・フィナンシャル」の第一種金融商品取引業を廃止し、FX(外国為替保証金取引)およびCFD(差金決済取引)業務を終了すると発表しました。

2009年7月に開業の同子会社は、景気後退による投資意欲の冷え込みに加え、レバレッジ(証拠金倍率)規制や同業他社との競争激化により収益が低迷。黒字化達成は困難と判断し、同事業からの撤退を決定したようです。

今後は、2011年1月14日に注文受付業務を終了し、同31日に業務を廃止する予定。

第一種金融取引業の廃止のお知らせ:ドリームバイザー

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事