不景気.com > 国内倒産 > 非鉄金属卸の「第一メタックス」が破産申請し倒産へ、負債44億

非鉄金属卸の「第一メタックス」が破産申請し倒産へ、負債44億

非鉄金属卸の「第一メタックス」が破産申請し倒産へ、負債44億

東京都台東区に本拠を置く非鉄金属卸の「第一メタックス」は、11月30日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1978年に「第一金属商事」として設立の同社は、建材・自動車向けアルミニウム製品など非鉄金属の取扱を中心とするほか、近年は食料・飲料・雑貨の卸販売やトランクルームの経営にも事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による建設需要の落ち込みから受注が減少したことに加え、自動車メーカー向け販売も低調に推移。資金繰りの悪化から決済難を招き、やむなく今回の措置に至ったようです。

信用調査会社などによると、負債総額は約44億円の見通し。

第一メタックス(株)~事業停止(東京経済) - livedoor ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事