不景気.com > 国内倒産 > 千葉の木材プレカット加工「ビーテック」が弁護士一任、負債30億

千葉の木材プレカット加工「ビーテック」が弁護士一任、負債30億

千葉の木材プレカット加工「ビーテック」が弁護士一任、負債30億

東京商工リサーチによると、千葉県香取市に本拠を置くプレカット加工の「ビーテック」は、12月27日付で債務整理などの事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

1955年に一般木材販売の「木内木材店」として創業の同社は、建築用木材を事前に工場で加工処理する「プレカット」事業に進出し、1996年には全自動プレカット工場を新設するなど同事業を主力に業績を上げていました。

今不況下においても受注は堅調に推移していたものの、過年度における資金の焦げ付きを厳格に会計処理したことで債務超過に転落。設備投資による借入金が資金繰りを逼迫していることもあり、現状での債務削減は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

なお、法的整理の是非については検討中の模様で、2010年9月期時点の負債総額は約30億9000万円の見通し。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事