不景気.com > 国内リストラ > ヤマハ発動機がライフサイエンス事業から撤退、不採算で

ヤマハ発動機がライフサイエンス事業から撤退、不採算で

ヤマハ発動機がライフサイエンス事業から撤退、不採算で

二輪大手の「ヤマハ発動機」は、2010年12月末日を持って「ライフサイエンス事業」から撤退することを明らかにしました。

2005年にライフサイエンス研究所を開設すると、食品メーカーや化粧品メーカーを対象としてアスタキサンチン原料の供給を手掛けていたほか、同サプリメントの一般販売も展開していました。

しかし、2007年から3年間での売上高は5億円程度に留まるなど業績は伸び悩み、今後の事業成長も見込めないと判断。本業に資本を集中させる方針もあり、今回の決定に至ったようです。

なお、従業員49名については、原則としてグループ内の再配置で対応するとのこと。

ライフサイエンス事業からの撤退について | ヤマハ発動機

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事