不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース11/14、倒産やリストラ・赤字決算が話題に

週刊不景気ニュース11/14、倒産やリストラ・赤字決算が話題に

週刊不景気ニュース11/14、倒産やリストラ・赤字決算が話題に

11月8日から14日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産やリストラのほか赤字決算の発表が話題の1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、債権管理・売買の「TLC」および和・洋紙卸販売の「サンケイワークス」。また、大阪の不動産賃貸「木村産業」が特別清算の開始決定を受けたほか、北海道のゴルフ場運営「登別リゾート」と兵庫の同じくゴルフ場運営「三明」が民事再生法を申請。海外では米金融保証大手の「アムバック・フィナンシャル・グループ」が破産法第11章を申請しています。

一方、人員削減を発表したのは、「沖電気工業」で1000名、金型製作「精工技研」で26名、自動車用プレス金型大手「富士テクニカ」で110名のほか、応募者数が明らかになったのは「原田工業」で69名、「東洋シヤッター」で38名。また、「雪印メグミルク」がチーズ・マーガリン製造の3工場を閉鎖し、「名鉄百貨店」が本店ヤング館の営業を終了すると発表しています。

そのほか、赤字決算および赤字業績予想を明らかにしたのは、カー用品販売の「オートウェーブ」、マンション・戸建て住宅販売の「新日本建物」、パチンコ・パチスロ機製造の「ユニバーサルエンターテインメント」、石油会社の「AOCホールディングス」、消費者金融大手の「アコム」、建設会社の「コーアツ工業」、旅行代理店大手の「近畿日本ツーリスト」、シャッター大手の「文化シヤッター」、メガネ販売チェーンの「愛眼」、「C&Iホールディングス」、ホテル・リゾート業の「カラカミ観光」となっています。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事