不景気.com > 国内リストラ > ビクターの早期退職に幹部職145名が応募、ほぼ想定通り

ビクターの早期退職に幹部職145名が応募、ほぼ想定通り

ビクターの早期退職に幹部職145名が応募、ほぼ想定通り

東証1部上場の「JVC・ケンウッド・ホールディングス」は、10月14日付で公表していた子会社「日本ビクター」の早期退職優遇措置に145名が応募したことを明らかにしました。

対象となったのは満50歳以上の幹部職で、退職日は11月末日。当初募集人員の150名に対しほぼ想定通りの応募者数となりました。

幹部職員の構成比率が高まっていることに加え、固定費削減による収益改善が必要と判断し今回のリストラ策に踏み切ったようです。

なお、この措置に伴い、退職加算金等の支出で約8億円を計上するとのこと。

早期退職優遇措置の実施結果に関するお知らせ:JVCケンウッド

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事