不景気.com > 国内倒産 > 大阪の生コン製造「タイコー」が民事再生法を申請、負債37億

大阪の生コン製造「タイコー」が民事再生法を申請、負債37億

大阪の生コン製造「タイコー」が民事再生法を申請、負債37億

大阪市枚方市に本拠を置く生コンクリート製造販売の「タイコー」は、11月29日付で大阪地方裁判所へ民事再生法の適用を申請しました。

1947年に創業した旧・タイコーの事業を引き継ぐかたちで2005年に設立の同社は、関西圏の建設会社などを取引先として生コンクリートの製造販売を展開していました。

しかし、景気低迷による公共工事の縮減などから、受注は大幅に落ち込み業績が悪化。設備投資による多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

信用調査会社などによると、2010年6月期末時点の負債総額は約37億2500万円の見通し。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事