不景気.com > 国内リストラ > スパンクリートの希望退職に24名が応募、想定の4割下回る

スパンクリートの希望退職に24名が応募、想定の4割下回る

スパンクリートの希望退職に24名が応募、想定の4割下回る

ジャスダック上場の床・屋根・壁材製造「スパンクリートコーポレーション」は、9月9日付で公表していた希望退職者の募集に24名が応募したことを明らかにしました。

対象となったのは満50歳以上の従業員で、退職日は11月末日から12月末日。応募者数は当初の募集人員40名に対し4割減の水準となりました。

景気低迷による建設不況を受け業績が悪化した同社は、役員報酬や従業員給与の削減などで収益改善を目指したものの、更なるコスト削減が必要と判断し今回のリストラ策に至ったようです。

なお、この措置に伴い、退職金等の支出として9500万円の特別損失を計上する見通し。

希望退職者募集の結果に関するお知らせ:スパンクリートコーポレーション

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事