不景気.com > 企業不況 > 新日本建物のADR手続が成立、28億円の債務免除受ける

新日本建物のADR手続が成立、28億円の債務免除受ける

新日本建物のADR手続が成立、28億円の債務免除受ける

ジャスダック上場の不動産販売「新日本建物」は、9月3日付けで申請していた事業再生ADR手続が11月25日付で成立したと発表しました。

金融支援の柱となるのは、28億2851万円の債務免除および5億9900万円の債務の株式化(DES)で、このほか89億1676万円の債務に対し返済猶予などの条件緩和を受ける見通し。

なお、債務免除額が債務総額の20%超に相当することから、上場維持に向けて大阪証券取引所へ再審査を申請しており、再建計画が承認されるとともに、上場時価総額が5億円以上となった場合は上場が維持されることになります。

1975年に創業の同社は、マンション分譲や投資物件・不動産用地開発を主力に事業を展開。しかし、景気低迷による販売の悪化や、保有不動産の価値下落で資金繰りが逼迫したため、自力での再建を断念しADR手続を申請していました。

事業再生ADR手続の成立に関するお知らせ:新日本建物

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事