不景気.com > 赤字決算 > シダックスの中間期は18億円の赤字見通し、カラオケ低迷で

シダックスの中間期は18億円の赤字見通し、カラオケ低迷で

シダックスの中間期は18億円の赤字見通し、カラオケ低迷で

ジャスダック上場でレストランカラオケ事業を展開する「シダックス」は、2011年3月期第2四半期(累計)の連結業績予想を下方修正し、四半期純損益が18億8500万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2011年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:シダックス

売上高 営業損益 純損益
前回予想 1000億円 25億円 △7億円
今回予想 975億6800万円 1億9100万円 △18億8500万円
前年同期 1011億6100万円 25億400万円 4億5000万円

景気低迷に伴う個人消費の落ち込みから主力のカラオケ事業が振るわず、売上高では前回発表より2.4%の減少を予想。また、収益面でもコスト抑制策が売上減を吸収できず、営業損益・純損益ともに大幅な下方修正となりました。

なお、通期業績予想については、カラオケ事業に回復の兆しが見られることから据え置きとなっています。

業績予想の修正に関するお知らせ:シダックス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事