不景気.com > 赤字決算 > プロミスの中間期は純損益33億円の赤字へ転落、リストラ費用で

プロミスの中間期は純損益33億円の赤字へ転落、リストラ費用で

プロミスの中間期は純損益33億円の赤字へ転落、リストラ費用で

東証1部上場の消費者金融大手「プロミス」は、2011年3月期第2四半期(累計)の連結決算を発表し、四半期純損益が33億7100万円の赤字転落となったことを明らかにしました。

2011年3月期第2四半期(累計)連結業績:プロミス

営業収益 営業損益 純損益
11年3月期(2Q) 1290億2600万円 58億1500万円 △33億7100万円
10年3月期(2Q) 1757億2200万円 108億7400万円 95億8800万円

貸付金残高の落ち込みや金利引き下げによる利息収入の減少に加え、「ポケットカード」を連結から除外したことで営業収益・営業損益ともに大幅な減少を記録。また、リストラ費用を特別損失に計上したことから、純損益では前期黒字から一転し赤字となりました。

なお、通期業績予想については、改正貸金業法の影響など不確定要素が多いため未公開となっています。

2011年3月期第2四半期決算短信:プロミス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事