不景気.com > 国内リストラ > 沖電気が早期退職優遇制度の詳細発表、想定1000名を削減

沖電気が早期退職優遇制度の詳細発表、想定1000名を削減

沖電気が早期退職優遇制度の詳細発表、想定1000名を削減

東証・大証1部上場の「沖電気工業」(OKI)は、10月8日付で公表していた早期退職優遇制度の詳細を発表し、対象者および退職日などを明らかにしました。

対象となるのは、同社およびグループ会社に従事する勤続5年以上の正社員のうち、満50歳以上の管理職および満40歳以上の一般社員で、退職日は12月20日から翌2月末日までの期間。また、退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針。

募集人員の詳細は明らかにしていないものの、従来より実施している転職支援制度などと合わせ1000名程度の削減を想定しているとのこと。

早期退職優遇制度の導入について(続報):沖電気工業

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事