不景気.com > 不景気ニュース > 名鉄百貨店が本店ヤング館を11年春に閉鎖、ヤマダ電機が出店

名鉄百貨店が本店ヤング館を11年春に閉鎖、ヤマダ電機が出店

名鉄百貨店が本店ヤング館を11年春に閉鎖、ヤマダ電機が出店

名古屋鉄道傘下の「名鉄百貨店」は、名古屋駅に隣接する本店3館のうち、2011年春をもって「ヤング館」の営業を終了すると発表しました。

1972年に「セブン館」として開店し、2006年にヤング館へ改称すると、以後は若者向け婦人服・雑貨を主力に扱い、本館・メンズ館とともに本店を形成していました。

しかし、個人消費の低迷を受け売上が落ち込んでいることに加え、近隣店舗との競争も激化しているため、名駅地区における活性化の観点から今回の決定に至ったようです。

なお、閉鎖後のテナントとしては家電量販店最大手「ヤマダ電機」の出店が決まっているほか、ヤング館で扱っていた婦人服雑貨においては本館に統合し再編を目指すとのこと。

名鉄百貨店ヤング館へのヤマダ電機「LABI名古屋駅前店」出店について | 名古屋鉄道

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事