不景気.com > 赤字決算 > 近畿日本ツーリストの第3四半期は44億円の赤字、債務超過17億

近畿日本ツーリストの第3四半期は44億円の赤字、債務超過17億

近畿日本ツーリストの第3四半期は44億円の赤字、債務超過17億

旅行代理店大手の「近畿日本ツーリスト」は、2010年12月期第3四半期連結決算を発表し、四半期純損益が44億円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2010年12月期第3四半期(累計)連結決算:近畿日本ツーリスト

売上高 営業損益 純損益
10年12月期(3Q) 452億5700万円 △22億5200万円 △44億2800万円
09年12月期(3Q) 455億800万円 △55億3400万円 △95億5400万円
通期予想 670億円 14億円 2億円

年金制度改革や不採算店舗の閉鎖などリストラ策を実施したことで、収益面では前年同期に比べ赤字幅が縮小したものの、依然として低迷する個人消費を受け売上高は減少を記録。

また、負債の部において団体前受金等が増加したほか、純資産では利益余剰金が減少したことから、9月末時点で17億7100万円の債務超過に陥りました。

なお、年末に向け売上高の増加が見込まれるため、通期業績予想は据え置きとなっています。

2010年12月期第3四半期決算短信:近畿日本ツーリスト

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事