不景気.com > 国内倒産 > 不動産管理のI・S・Kが破産決定受け倒産、池袋「人世横町」管理

不動産管理のI・S・Kが破産決定受け倒産、池袋「人世横町」管理

不動産管理のI・S・Kが破産決定受け倒産、池袋「人世横町」管理

東京都港区に本拠を置く不動産管理の「I・S・K」は、11月4日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

東京商工リサーチによると、1950年に設立の同社は、池袋駅東口の居酒屋街「人世横町」の管理を主力に事業を展開。昭和の面影を残した様相がサラリーマンを中心に人気を得ていました。

しかし、景気低迷による客足の落ち込みに加え、施設の老朽化や後継者問題もあり、2008年10月には横町を閉鎖し施設を再開発会社へ売却。以降は事後処理を進め今回の措置に至ったようです。

同信用調査会社によると、負債総額は約23億円の見通し。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事