不景気.com > 不景気ニュース > ホンダが「シビック」の国内販売を終了、成長牽引も時流合わず

ホンダが「シビック」の国内販売を終了、成長牽引も時流合わず

ホンダが「シビック」の国内販売を終了、成長牽引も時流合わず

自動車大手のホンダは、年内をめどに主力乗用車「シビック」の国内向け生産を打ち切り、在庫がなくなる2011年初旬をめどに国内販売を終了する見通しが明らかになりました。

1972年に初代モデルが発売されたシビックは、現行の8代目に至るまで息の長い主力モデルとしてホンダの成長を牽引してきました。

しかし、大型化を始めとする世界戦略車としての要求が徐々に国内需要とのズレを生み、売上はピーク時の15分の1以下に落ち込むなど人気が低迷。時流の流れから小型車やミニバンに注力する方針もあり今回の決定に至ったようです。

なお、海外販売向けの国内生産は今後も継続する予定。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事