不景気.com > 企業不況 > 音響機器の「ヒビノ」に監理銘柄(審査中)指定、決算訂正で

音響機器の「ヒビノ」に監理銘柄(審査中)指定、決算訂正で

音響機器の「ヒビノ」に監理銘柄(審査中)指定、決算訂正で

大阪証券取引所は、ジャスダックに上場する業務用音響・映像機器設計販売の「ヒビノ」を監理銘柄(審査中)に指定すると発表しました。

これは、売掛金の未回収などを要因とする会計処理の訂正により、過年度における有価証券報告書等の訂正報告書を提出したための措置で、指定日は大証が上場廃止基準に該当するか確認した日まで。

同社によると、「取引自体は適正に行われたものと判断しており、より厳格な会計処理として過年度決算の訂正を行う」とのこと。

なお、この訂正を受け、2009年3月期通期連結純損益は2億2000万円の黒字から一転し3億2200万円の赤字に陥ることを明らかにしています。

株式の監理銘柄(審査中)の指定:ヒビノ :大阪証券取引所

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事