不景気.com > 赤字決算 > CSKの11年3月期は中間期78億円・通期15億円の赤字見通し

CSKの11年3月期は中間期78億円・通期15億円の赤字見通し

CSKの11年3月期は中間期78億円・通期15億円の赤字見通し

東証1部上場のシステムインテグレーター「CSK」は、2011年3月期の連結業績予想を下方修正し、第2四半期(累計)純損益が78億5000万円、通期純損益が15億円のそれぞれ赤字見通しを明らかにしました。

2011年3月期連結業績予想:CSK

売上高 営業損益 純損益
前回予想(2Q) 720億円 25億円 △68億円
今回予想(2Q) 681億円 21億5000万円 △78億5000万円
前年同期 846億300万円 △4億7700万円 △586億1700万円
前回予想(通期) 1600億円 100億円 5億円
今回予想(通期) 1600億円 100億円 △15億円
前期実績 1695億1800万円 41億7600万円 △591億8000万円

通期予想では売上高・営業損益とも据え置いたものの、「旧CSKファイナンス」の譲渡において継続保有する貸付債権への貸倒引当金を17億5000万円積み増したほか、子会社「プラザアセットマネジメント」の譲渡損失を計上したため、純損益では5億円の黒字予想から一転し赤字見通しとなりました。

CSK : 業績予想の修正に関するお知らせ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事