不景気.com > 企業不況 > 日本カーリットが飲料子会社の特別清算で5億円の債権放棄

日本カーリットが飲料子会社の特別清算で5億円の債権放棄

日本カーリットが飲料子会社の特別清算で5億円の債権放棄

東証1部上場の化学品等製造会社「日本カーリット」は、100%出資子会社「ジェーシービバレッジ」の特別清算に伴い、同子会社に対する債権が取立不能に陥ったことを明らかにしました。

対象となるのは貸付金および利息となる4億5900万円で、同子会社が債務超過に陥っているため弁済は困難と判断し、和解案に応諾するかたちで債権放棄に至ったようです。

1991年に設立の同子会社は、清涼飲料水の受託製造を手掛けていたものの、業績悪化を受け今年6月に解散を決議。9月には東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受け清算手続を進めていました。

なお、当該債権額については貸倒引当金として計上済みのため、業績に与える影響は軽微とのこと。

連結子会社の解散に伴う債権の取立不能に関するお知らせ:日本カーリット

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事