不景気.com > 赤字決算 > AOCホールディングスの中間期は純損益46億円の赤字見通し

AOCホールディングスの中間期は純損益46億円の赤字見通し

AOCホールディングスの中間期は純損益46億円の赤字見通し

アラビア石油・富士石油などを傘下に持つ東証1部上場の「AOCホールディングス」は、2011年3月期第2四半期(累計)の連結業績予想を下方修正し、四半期純損益が46億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2011年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:AOCホールディングス

売上高 営業損益 純損益
前回予想 2765億円 △12億円 1億円
今回予想 2830億円 △36億円 △46億円
前年同期 2793億500万円 13億5900万円 △37億2600万円

販売数量の増加により売上高では前回予想を上回ったものの、為替差損の拡大や在庫評価の見直しにより営業損益・純損益ともに大幅な赤字への修正となりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:AOCホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事