不景気.com > 国内リストラ > 日本ビクターが早期退職優遇措置による幹部職150名の削減へ

日本ビクターが早期退職優遇措置による幹部職150名の削減へ

日本ビクターが早期退職優遇措置による幹部職150名の削減へ

東証1部上場の「JVC・ケンウッド・ホールディングス」は、子会社の「日本ビクター」において早期退職優遇措置による150名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは同子会社に在籍する50歳以上の幹部職員で、募集期間は11月1日から12日まで、退職日は11月末日となる予定。

中期経営計画に基づく運営体制の再構築に伴う措置で、日本ビクターにおいては幹部職員の構成比率が高まっていることから、事業運営や一般職員への昇進の道を広げることなどを目的として、今回の募集に踏み切ったようです。

早期退職優遇措置に関するお知らせ:日本ビクター

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事