不景気.com > 海外倒産 > 著名歌手の「トニー・ブラクストン」が破産法第7章を申請し倒産

著名歌手の「トニー・ブラクストン」が破産法第7章を申請し倒産

著名歌手の「トニー・ブラクストン」が破産法第7章を申請し倒産

アメリカの女性R&B歌手「トニー・ブラクストン」氏は、9月30日付でカリフォルニア州の連邦破産裁判所へ破産法第7章の適用を申請し倒産したことが明らかになりました。

1966年生まれの同氏は、1993年にデビューアルバムをリリースすると爆発的なセールスを記録し、瞬く間に絶大な人気を獲得。同年のグラミー賞で最優秀新人賞を受賞したほか、計6度のグラミー賞を受賞するなど世界的R&B歌手として活躍していました。

しかし、金銭的なもつれから1998年に1度目の自己破産を申請すると、その後は健康問題や私生活のトラブルが相次いだほか、2009年には自宅ローンの支払いが遅延するなど再度の金銭問題も明るみとなり、2度目の自己破産申請に至ったようです。

裁判所への提出資料によると、負債額は8億円~40億円の範囲となる見通し。

Toni Braxton Bankruptcy -- Bankrupt Again, May Owe $50 Mil | TMZ.com

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事