不景気.com > 企業不況 > シキボウが子会社「マーメイドニット」を解散、海外生産拡充で

シキボウが子会社「マーメイドニット」を解散、海外生産拡充で

シキボウが子会社「マーメイドニット」を解散、海外生産拡充で

東証・大証1部上場の「シキボウ」は、ニット製品事業再編の一環として、100%出資子会社の「マーメイドニット」(東京都中央区)を解散および清算すると発表しました。

1973年に設立の同子会社は、ニット・布帛製品の製造販売を主力に事業を展開。しかし、景気低迷による価格競争に対応するため、更なる海外生産の拡充が必要と判断し今回の決定となったようです。

今後は2011年3月31日付で当該子会社にて解散を決議し、同6月をめどに清算が結了する予定。

この施策に伴い、連結で構造改革費用として3億5000万円、個別で貸倒引当金繰入額として4億円、関係会社株式評価損として1億円の特別損失を計上するとのこと。

ニット製品事業の再構築に関するお知らせ:シキボウ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事