不景気.com > 赤字決算 > セーラー万年筆の10年12月期は純損益10億円の赤字見通し

セーラー万年筆の10年12月期は純損益10億円の赤字見通し

セーラー万年筆の10年12月期は純損益10億円の赤字見通し

東証2部上場の文具および産業用ロボット製造「セーラー万年筆」は、2010年12月期通期連結業績予想を下方修正し、純損益が10億2000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2010年12月期通期連結業績予想:セーラー万年筆

売上高 営業損益 純損益
前回予想 75億円 1億8000万円 5000万円
今回予想 67億6000万円 △2億9000万円 △10億2000万円
前期実績 66億600万円 △4億2100万円 △5億5300万円

長引く景気低迷の影響で売上高は前回予想を9.9%下回る見込みのほか、保有資産の評価見直しを進めた結果、固定資産の減損処理で8億1200万円の特別損失を計上するため、収益面では営業損益・純損益ともに赤字への修正となりました。

なお、同社では抜本的な業績回復を図るため、3ヶ年の中期経営計画を策定中とのこと。

業績予想の修正に関するお知らせ:セーラー万年筆

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事