不景気.com > 海外リストラ > 英銀行大手「ロイズ」が4500名の追加削減、今不況下で2万人に

英銀行大手「ロイズ」が4500名の追加削減、今不況下で2万人に

英銀行大手「ロイズ」が4500名の追加削減、今不況下で2万人に

イギリスの銀行大手「ロイズ・バンキング・グループ」は、IT部門を中心として4500名の人員削減を明らかにしました。

削減対象の内訳は、イギリス国内の正社員が1600名、契約社員が1150名、イギリス国外の契約社員が1750名。

金融危機により経営が悪化した同社は、株式の41%を保有するイギリス政府の監理下で再建を目指しており、このリストラ策により今不況下における削減数は2万名に到達しています。

Lloyds job cuts break 20,000 barrier as another 4,500 go - The Independent

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事