不景気.com > 国内倒産 > 「郡山ゴルフ倶楽部」の経営会社が民事再生法を申請

「郡山ゴルフ倶楽部」の経営会社が民事再生法を申請

「郡山ゴルフ倶楽部」の経営会社が民事再生法を申請

福島放送が伝えたところによると、「郡山ゴルフ倶楽部」(郡山市)を経営する「山田」は、10月18日までに東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1974年に開場した同倶楽部は全18ホール・6569ヤードの丘陵コースで、東北自動車道郡山南ICから車で5分の立地もあり相応の人気を誇っていました。

しかし、バブル崩壊以降はゴルフ人気の低迷や競争の激化で経営が悪化。資金繰りが行き詰まる中、預託金償還に対応できず、やむなく今回の措置となったようです。

負債総額は約13億円の見込みで、今後は営業を続けながら経営再建を目指す方針。

郡山ゴルフCが民事再生を申請/営業は継続 :: KFB福島放送

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事