不景気.com > 赤字決算 > 木曽路の第2四半期は純損益19億円の赤字見通し

木曽路の第2四半期は純損益19億円の赤字見通し

木曽路の第2四半期は純損益19億円の赤字見通し

東証1部上場の飲食チェーン「木曽路」は、2011年3月期の個別業績予想を下方修正し、第2四半期(累計)純損益が18億9300万円の赤字、通期純損益が9億5000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2011年3月期個別業績予想:木曽路

売上高 営業損益 純損益
前回予想(2Q) 205億円 △6億2000万円 △12億円
今回予想(2Q) 199億400万円 △11億5300万円 △18億9300万円
前年同期 203億9200万円 △11億2200万円 △8億9900万円
前回予想(通期) 450億円 8億4000万円 △5億4000万円
今回予想(通期) 445億円 6億5000万円 △9億5000万円
前期実績 441億8700万円 2億9300万円 △5億5000万円

景気低迷による客足の落ち込みで売上高が減少したほか、食材費の高騰や猛暑による光熱費の増加などで収益も悪化。さらに、有価証券評価損や店舗の減損処理による特別損失を計上したことから、純損益では第2四半期・通期ともに赤字幅拡大を予想しています。

業績予想の修正に関するお知らせ:木曽路

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事