不景気.com > 国内倒産 > 石川の繊維卸「岸商事」が自己破産申請し倒産、負債82億円

石川の繊維卸「岸商事」が自己破産申請し倒産、負債82億円

石川の繊維卸「岸商事」が自己破産申請し倒産、負債82億円

東京商工リサーチによると、石川県羽咋市に本拠を置く繊維卸の「岸商事」は、10月15日付で金沢地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1911年に創業の同社は、衣料・産業向け繊維の卸売りを手掛けるほか、紡績・仮撚り加工・織物製造などの関連会社を設立し岸商事グループを形成。繊維業の老舗として広く知られていました。

しかし、近年は安値な海外製品との競争激化で業績が低迷していたことに加え、景気後退による消費不況も重なり経営が悪化。不採算部門からの撤退などリストラ策を進めたものの経営改善には至らず、今年3月には事業を停止し遂に今回の措置となったようです。

負債総額は約82億円の見通し。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事