不景気.com > 国内倒産 > 婦人服の「ローカスター」が破産決定受け倒産、元カリアング展開

婦人服の「ローカスター」が破産決定受け倒産、元カリアング展開

婦人服の「ローカスター」が破産決定受け倒産、元カリアング展開

東京都港区に本拠を置く婦人服製造・販売の「ローカスター」は、10月7日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

東京商工リサーチによると、2005年に設立の同社は、カリスマ店員として知られる森本容子氏が立ち上げたレディースブランド「カリアング」を展開し、直営店16店舗のほか通信販売や卸売にも事業を拡大していました。

しかし、積極的な事業拡大が裏目となり収益低下を招くと、景気低迷に伴う個人消費の落ち込みから販売不振に陥り資金繰りが逼迫。ローカスターによる事業継続は困難と判断し今回の措置となったようです。

カリスマ店員ブランド「カリアング」の衣料品会社が破産 - MSN産経ニュース

(10月14日追記:)

森本氏の公式ブログによると、「9月から(株)ジュライスターと一緒になり、新生カリアングとして頑張っています」とのことで、ブランド存続および営業継続の方針を明らかにしています。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事