不景気.com > 国内倒産 > 宅配便の「JPエクスプレス」に特別清算の開始決定、負債681億

宅配便の「JPエクスプレス」に特別清算の開始決定、負債681億

宅配便の「JPエクスプレス」に特別清算の開始決定、負債681億

日本郵政グループで宅配便事業を手掛けていた「JPエクスプレス」は、9月30日付で東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

同社は、郵便事業会社の宅配便事業「ゆうパック」と、日本通運の宅配便事業「ペリカン便」との統合を目的として2008年6月に設立。2009年4月には、システム統合の不具合から統合計画を延期し「ペリカン便」事業の受け皿会社として事業を開始していました。

しかし、その後もシステム統合が進まず再度の計画延期を余儀なくされたことに加え、政変の煽りから総務省の認可が下りず同年12月には統合を断念。郵便事業会社がJPEXの宅配便事業(ペリカン便)を承継することとなり、JPEXは8月31日付で解散し清算手続に移行していました。

負債総額は約681億4900万円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事