不景気.com > 赤字決算 > 博報堂DYの中間期は純損益33億円の赤字見通し、通期もゼロ

博報堂DYの中間期は純損益33億円の赤字見通し、通期もゼロ

博報堂DYの中間期は純損益33億円の赤字見通し、通期もゼロ

広告代理店大手の「博報堂DYホールディングス」は、2011年3月期の連結業績予想を下方修正し、中間期純損益が33億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2011年3月期連結業績予想:博報堂DYホールディングス

売上高 営業損益 純損益
前回予想(2Q) 4470億円 15億円 0
今回予想(2Q) 4341億円 28億円 △33億円
前年同期 4424億7700万円 6000万円 △16億9900万円
前回予想(通期) 9350億円 85億円 32億円
今回予想(通期) 9221億円 100億円 0
前期実績 9170億6500万円 61億3600万円 12億7700万円

コスト削減に努めたことから営業損益では改善を見せたものの、広告市場の回復が想定より遅れているため売上高では前回発表を下回ると予想。また、投資有価証券評価損などを計上したことから、四半期純損益は赤字、通期純損益はゼロの見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:博報堂DYホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事