不景気.com > 赤字決算 > 合同製鐵の中間期は24億円の赤字見通し、有価証券評価損で

合同製鐵の中間期は24億円の赤字見通し、有価証券評価損で

合同製鐵の中間期は24億円の赤字見通し、有価証券評価損で

東証1部上場の鉄鋼メーカー「合同製鐵」は、2011年3月期第2四半期業績予想を下方修正し、四半期純損益が24億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2011年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:合同製鐵

売上高 営業損益 純損益
前回予想 625億円 13億円 14億円
今回予想 636億円 7億円 △24億円
前年同期 476億7700万円 11億7500万円 9900万円

売上高では前回予想から上積みしたものの、依然続く国内建設需要の低迷に加え、有価証券評価損が第1四半期より増加し31億4200万円にまで膨らんだため、純損益では一転して赤字見通しへの修正となりました。

なお、通期業績予想に関しては、原料価格など不透明な要素が多いことから据え置きとなっています。

業績予想の修正に関するお知らせ:合同製鐵

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事